目元のたるみ対策のアイクリームを選ぶ時のポイントは?

目元のたるみを改善するためのアイクリームを比較

目元のたるみ対策に効果的なアイクリームの使い方

目元にシワができやすいのは?たるみの原因は?

目元のシワ、たるみの原因は、一番には加齢によるものです。
加齢によって、筋肉や皮膚が衰える事で、皮下脂肪の重みが
支えられなくなり、目の下のたるみができたり、シワができたりします。

加齢以外にも、アイメイクをちゃんと落とさないと
肌へ負担がかかり、シワの原因になります。
逆に洗浄力の強いクレンジングも肌への負担になるので、
敏感な目の周りには刺激をあまり与えずしっかり保湿をする事が大切です。

そして目の疲れもシワ、たるみの原因になります。
パソコンやスマホなどを使い過ぎると、眼球の疲労になり、
目の周りのシワやたるみの原因へと繋がります。

さらに気を付けたいのが紫外線などの外部からの刺激です。
紫外線はお肌の大敵ですが、皮膚の薄い目元には当然、紫外線は大敵です。
さらに乾燥肌や花粉症などのアレルギー症状は目元に刺激を与えやすいので、トラブルの原因にもなり、若い人でも目元のシワなどで悩んでいる人は多いようです。

アイクリームで目元のたるみは解消できる?

アイクリームは使ったからといって、速攻で効果が出るものではありません。
目の周りの乾燥を防ぐためにも、コツコツ使い続ける事が大事。

ただし、気を付けなければならないのが塗り方です。

目元は皮膚も薄く、敏感な部分なので、刺激を与えたり、
肌に負担をかけることをすると、かえってシワやたるみの原因になってしまいます。

目元のケアをするつもりが、アイクリームを塗って、
逆に目元のトラブルにならないように注意が必要です。

力を入れずに優しく肌になじませるのがポイントです。
アイクリームを選ぶ時は伸びの良いクリームを選ぶのも必須条件です。
なるべく肌に負担をかけずに成分を浸透させるには伸びの良いクリームを選びましょう。

目元のたるみケアに必要な成分は?

目元のたるみを解消するには「ハリ」が大切ですね。
ハリ、潤いを与える成分としては、、、
コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸・プラセンタ・EGF・イソフラボン・コエンザイムQ10・ビタミンC・ビタミンE・アミノ酸ペプチド・酵母・酵素、
コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタ、エラスチン、イソフラボン、コエンザイムQ10、EGF、アミノ酸ペプチド、ビタミンC、ビタミンE、酵母、酵素、グリセリンなどがあげられます。

目元のたるみ・しわのケアには保湿成分が大切!

目元のたるみ、シワ改善になくてはならないのは保湿です。
乾燥がたるみ、シワの原因にもなるので、保湿はしっかりしなくてはならないですね。

目元のしわ、たるみには潤いを与える事が大切なので、
高保湿なものを選ぶ事は重要です。

目元ケア お悩み別のおすすめ成分は・・・?

しわ、たるみを改善するためにはハリ、潤い成分を重視!
アルジルリン・レチノール、アスタキサンチン・セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・リコピン・コエンザイムQ10など。

くすみ、茶くまを改善するためには美白成分が入ったものを♪
ローヤルゼリー、ツボクサエキス、ビタミンC誘導体など。